「肖像権」と「著作権」
 ★「肖像権」
★人の顔に注意!
 
→ 憲法の基本的人権によって、自然のものや公共物以外には全て、
    「肖像権」が保障されています。

 → 撮影内容に関係のない人物が特定される画は、出来るだけ避けましょう。
   (肉親やごく親しい人以外が見ても本人とわかる画は基本×。)

★肖像権とは?
 → 撮影されることを拒否する権利。
    (第三者に自己の肖像を撮影されない権利)

 → 撮影された映像を公表されることを拒む権利。
    (撮影された自己の肖像を公表されない権利)

★撮影及び映像使用の場合は、必ず本人の同意が必要。
 → 未成年者や動植物は、「監督者」の同意
   「書面」や「映像」など、後日証明できるもので許可を得ておくこと!

☆例外的に、認められる場合
 → ニュース報道、指名手配など、公共の利益が優先する場合。
   公務中の公務員。

★いわゆる活動中の著名人には肖像権が無いとされるが、
  その撮影物の利用には、肖像営利(パブリシティ)権が存在する。
  利用料が発生!

*基本、自分がされていやなことには、必ず 
 何らかの権利が存在する場合が多いので、
 厳重注意!

 ★「著作権」
★著作物に注意!
  → 「著作権法」によって、人や団体の「著作物」には、著作権が存在します。

  → 撮影内容に関係のない著作物が特定される画や音は、出来るだけ避けましょう。
    (背景にある画やマーク、バックに流れている音楽にも著作権が存在します)

  → 通常、著作者の死後50年まで保護されています。
    その他、公表後50年のものや、映画など70年のものあるので要注意!
    (海外ものは国によって規定が違います。)

 ・・・保護期間が過ぎれば、自由に使用OK。

 ・・・保護期間内に使用する場合は、各権利者に使用許可を取る。

  ⇒ また、著作者には、「著作権」の他に「著作者人格権」があり、そのなかに、
    「同一性保持権」といって、自分の著作物の題号や内容を勝手に改変
    されない権利があります。(作品の再編集や一部のみを使用をされない権利)

  ⇒ 更に、著作物の創作者でなくとも、著作物の伝達に重要な役割を果たしている
   「実演家」「レコード製作者」「放送事業者」等にも著作権と同様に「著作隣接権」
   
が存在します。

★著作権者に許可を得る時は..
  → 複数の著作権者がいる場合や、著作隣接権者に注意!
    (例:映画の場合は、制作、監督、演出、撮影、美術担当者にも権利が存在する)

☆例外的に、認められる場合
  → 私的使用、教育や公的要素のある使用のほか、「引用」の場合は、その出典を
    明らかにして、利用が可能。(TV番組での新聞記事利用など)

※注意: 一度、放映されたものの「2次使用」は、
       著作権や肖像権者の特定が難しく、
       原則、不可能!


ビデオ撮影講座 / 「肖像権」と「著作権」

有料講座のご案内

日本映像通信株式会社 copyright 2009 Nihon Eizo Tsushin Co.,Ltd