ページを一つ戻るホームページへ

 CONTENTS/会社概要企業理念事業計画番組一覧連絡先

■DVD 好評発売中!

  ■「平成20年 フィリピン」  \4,320-

フィリピンにはこんな"顔"もありました。

生まれる命、なくなってしまった命、そして、今を生きる命。その現実を追い掛け、平和な日本では考えられない現実の数々に直面した時、あなたはどうしますか?見過ごす事も立ちすくむ事も出来ないで、現実と向かい合っている人たちの姿をレポートした作品を集めてみました。

-予告編(2分)-

○「フィリピンの小さな診療所」
フィリピンのスービックで無料診療所を開設している助産師冨田江里子さん宅に住み込み密着取材したビデオジャーナリスト梅田愛子が見たものとは…?冨田江里子さんが感じる日常は…?その地で暮らす人々の思いは…?あなただけがその希望かもしれません。日本の現状とはあまりにも違う実状と彼女の日常を淡々と拾い集めたドキュメンタリー作品。 -VJ 梅田愛子作品 VJ・Japan制作-
○「第11回御遺骨情報調査」
戦後60数年を経た今もフィリピンに残る約40万体の戦時下の日本人の目覆うばかりのおびただしい数の遺体。今は遺骨となってしまったとはいえ、日本人に違いはありません。その遺骨として帰国を待つご遺体をどうして祖国へ帰せばいいのか?戦後の日本が残してきた大きな課題の一つに、冨田江里子さんの夫で植林事業をフィリピンで行なう冨田一也さんがボランティアで取り組む現場レポートでもあります。平和な日本では考えられない世界がそこには広がっています。 -NPO法人空援隊制作-
○8歳の女の子が遺骨が放置されている現場まで出掛けました。先入観も靖国問題も国旗国家問題も、もちろん戦争も知らない8歳の女の子が、現場と向かい合った記録です。 -VJ・Japan制作-

 ■DVD収益金の一部は、バルナバクリニック、NPO法人空援隊の運営活動費用として寄付されます。

  発売中!DVD購入受付

  


topへ戻る


e-mail info@mobacha.net